他県から海が近い横浜で葬儀を上げたい場合

地方の人からみると、横浜はエキゾチックな異国情緒にあふれ、一生のうちに一度は訪れたい場所があり、日本の中のサンフランシスコの感じがします。人生で一度も外国に行ったことがない人は憧れを持ち、夢を持ちます。歌にも歌われ、日本のたそがれ横浜です。人生のたそがれに近くなり、死を意識し、海が近い横浜で葬儀を上げたい人もいます。葬儀で自分の夢をかなえたい希望は親戚一同が賛成し上げる場合は当人の願いがかないます。他県から飛行機で葬儀となると、いろいろ大変なことが多いです。旅行中亡くなり、自分の家まで搬送するのは、膨大な金額が必要です。死者を運ぶということは大変なことで、旅行とは違います。希望はおそらくかなわないのが現実です。お骨を海に散骨を希望し、死者は生きている人に迷惑をかけることはつつしむべきです。生きているうちに旅行を楽しみ、いろいろ想い出をつくり、ありがとうと死を迎える準備を考えることが賢明です。葬儀は自分の意思も大切ですが周囲の事情もあります。願いは、自分の力で実行します。生きることも大変です。苦しいことのほうがおおいです。神様は公平に人間に歳をかさね、公平に死を迎えさせられます。神の意志で不老不死は豊かな人でも貧しい人にも、きれいな人にも訪れます。歴史上の人物は早世の人が多いです。寿命が長くなり人間の願いがかないつつあります。しかし、いつまでも健康で元気ではありません。死の準備は生きることのテーマです。

横浜で葬儀を行った際の納骨方法

横浜には、緑や草花に囲まれた公園タイプの市営墓地「メモリアルグリーン」のほか、中心部に近くてアクセスのよい霊苑や、港が見える屋内型の霊苑など、さまざまな寺院墓地や霊園があります。

最近は、屋内タイプが人気です。室内に納骨堂やお墓が設置されているので、雨や風など天候に関係なくお参りできるのと、たいていの場合は駅から近かったり、主要道路に面しているなど、アクセスがよいため、気軽にお参りできることが人気の理由です。
棚に並んでいる棚式スタイルや、鍵付き扉の個別ロッカースタイル、家に仏壇を置けないかたのために仏壇とセットになったスタイルなど、たくさんの種類の中から選ぶことができます。
また、夫婦ふたりで後継者がいない、独身で家族がいないなどの場合は永代供養してくれるところも数多くありますし、合祀型もあります。様々な事情でお墓を建てることがかなわない場合は、遺骨の一時預かりを受け付けてくれるところもあります。

もちろん、太陽と青空の下で眠りたいという場合は、従来の寺院墓地だけでなく、屋外型の納骨堂もあります。合祀型、個人型、二人(夫婦)型など様々ですし、合祀であっても個別に位牌を祀ってくれるところもあります。

いずれにしても、横浜で葬儀を行った際は、葬儀を取り扱った葬儀社が相談に応じてくれる場合がほとんどです。家族や親族が集まりにくいなどの事情によっては、葬儀当日に火葬から初七日、四十九日の法要、納骨まで行なう場合もありますし、後日、四十九日法要を営んだ後に行なう場合もありますが、予算やお参りする際の交通アクセスの良し悪しも考えて、場所を選ぶとよいでしょう。

横浜で安く葬儀を行うには

横浜で安く葬儀を行うなら、任せる業者選びや、安価で利用出来る斎場を見付ける事が条件です。
無断で不必要なサービスを追加する葬儀屋は、後で多額の請求を行う可能性がありますし、予算を超えて出費が発生する可能性があります。
予め一式がパックになったサービスなら、費用の把握が事前に行えるので、余裕を持って予算を用意出来ますし、節約する効果が発揮可能です。
人件費や物に費用がかかる葬儀ですが、場所にもお金が必要ですし、利用が安く済ませられる場所探しは何よりも大切です。
特に公営の斎場は、横浜市民が安く活用可能な場所ですし、葬儀を行う場所としては十分ですから、費用の節約に繋がります。
横浜には、身近な場所に公営の施設が存在する場合があるので、近くで利用出来る場所を問い合わせ、葬儀に活かす事が必要です。
経験豊富な業者なら、節約出来る斎場を知っていますし、事前に予算節約を伝えておけば、安価な施設で取り行う事が出来ます。
業者選びに欠かせないのは、曖昧さが存在しないサービス内容の説明や、事前に必要な料金を明確にする見積もりです。
支払い方法や流れの確認と併せ、打ち合わせを行う時間が相手の見極める機会です。
電話だけでは、相手の事を知るのは難しいですから、直接会って会話を行う行動が大切です。
良い相手に任せられれば、質の良い葬儀が実現しますし、亡くなった方を不足なく見送る環境が作り出せます。
また、家族は手配や手続きなどの負担が多いですが、良質な業者はサポートが充実しているので、出費を節約しながら手厚い手助けが得られます。